あくまき

b0061863_842487.jpgb0061863_8332483.jpgちまき とも言いますが,やはり,あくまき(灰汁巻き)が馴染んでいます。
81歳の母が毎年作っていて今年もいただきました。
今年は餅米の中に小豆いれたバージョンがありました(画像の黒い粒)。
半透明のうす茶色,少しの苦みの絶妙の出来で,砂糖と塩を混ぜた黄粉をかけ美味しくいただきました。(黒砂糖や白砂糖もおいしいですけど)
竹の皮開いて,包んでいる竹のひもや糸の端を口にくわえ,ぐるりと巻いて反対の端をひいて切るのが普通です。
[PR]
by rakustyle | 2007-06-09 08:41 | おいしいもの | Comments(2)
Commented by salty sugar at 2007-06-09 16:31 x
砂糖と塩を混ぜた黄粉?私にきな粉振り掛けたんですね!
お母さん元気で現役なんですね^ ^小豆バージョン食べてみたいですよ
Commented by rakustyle at 2007-06-10 01:09
「さとうとしお」を漢字変換したら人名が。塩を入れると砂糖の味が旨くなりますもんね。
<< ラテンリグ修理しました 石蔵レストラン >>