シンケンの住まい教室

b0061863_21373180.jpg
b0061863_21374997.jpg
シンケンの家を手に入れ9年目ですが,昨日,県民交流センター中ホールで開催された「住まい教室」に頼み込んで潜入しました。
理由は①シンケンの家づくりの進化をチェック②シンケンの住まい手同士のトークショー③その住まい手の一人が毒舌家の友人④その友人の話しぶりを肴に美味しい酒を。
社長の家造りのコンセプト=”居心地の良い家”とその家に住んで豊な暮らしを手に入れた,という内容でしたが,友人の飛んだ話と中村朋美アナ(シンケンの住まい手)の掛け合いが250人の参加者を沸かせ,今までにない初めてのユニークな住まい手の本音が聞けた「住まい教室」でした。
最初でこれだけ盛況だと次回は・・・。
家が完成して9年後もその工務店と楽しく関われることは,安心して住めるということですよね!。
[PR]
by rakustyle | 2008-06-23 21:53 | 住まい | Comments(4)
Commented by P'or W'boy at 2008-06-24 08:22 x
素晴らしいコンセプト。
塗料でお手伝い出来ないのが返す返すも残念!
昨日は失礼いたしましたm(_ _)m
Commented by maruta at 2008-06-24 22:01 x
これから家を建てる方が対象と勝手に思いこんでいて参加しませんでした。「次回」があるなら参加してみたいですね。
うちはまだ築6年ですが,いいおつき合いができて,あらためてシンケンでよかったと思っています。
Commented by rakustyle at 2008-06-24 22:38
P'or W'boy さん,昨日は突然お邪魔しましてありがとうございました。
Commented by rakustyle at 2008-06-24 22:40
marutaさん,ほんとに”いいおつき合い”ができてますよね。
今回は友人がメインゲストでしたので無理をお願いしました。
<< 完熟梅 小松帯刀の像 >>