山吹の花ではなくヒペリカム・カリシナム(オトギリソウ科)が咲きました。

b0061863_93104.jpg雨水タンクの傍らに山吹の花が咲きました。
鮮やかな黄色(山吹色?)。おしべが長いですね。
晩春に咲くとのことですが,昨日入梅でした。

と2日にアップしましたが,ご指摘で調べましたら山吹でなくヒペリカム・カリシナム(オトギリソウ科)でした。訂正してお詫びします。思いこみは怖い・・・(4日)。
[PR]
by rakustyle | 2007-06-02 09:06 | 住まい | Comments(5)
Commented by salty sugar at 2007-06-02 10:06 x
古典の授業で覚えた古文、確か「鷹狩り」じゃなかったかな
その一節にあった
「七重八重花は咲けどもやまぶきの実の一つだに無きぞ悲しき」?
これ未だに全文忘れず言えるみたい^^(プチ自慢)
Commented by rakustyle at 2007-06-02 20:55
すご~い。楽も学生時代旅行した沖縄でバスガイドさんから習った沖縄民謡「谷茶目節」の歌詞を忘れずに唄えるんですよね。salty sugar の高尚さには及びませんけど。
Commented by happysmilecafe at 2007-06-04 12:16
山吹。
むかーし、玄関脇にあったのを雨水タンクの横に移植したんだっけ??
ヒペリカムは植えた記憶があるんだけど、これたぶんヒペリカムよ…。
Commented by ソウルのアジョシ at 2007-06-04 22:59 x
山吹の花は、ほとんど黄苺(木苺)と間違えるような葉っぱだと思っていました(先入観)?。だとすれば花も葉っぱも別なものですね?
Commented by rakustyle at 2007-06-05 10:11
アジョシさん、おっしゃるとおりで葉は鋸歯があり、これとは違いますね。よく観察しなくては。
<< マリンポートは。 豚とろのラーメン >>