フロントW化のメリット

折り畳み自転車YAHONのフロントW化は、フロントチェーンリングを小径にしてクランク回転数を上げ、勾配のある道をさらに漕ぎあげられるようにするものである。
YAHONのギア比(Fチェーンリング/6段スプロケ)は次の通り。

 スプロケ       14   16   18   21   24   28     (34)
 フロント   52T  3.71 3.25 2.89 2.48 2.17 1.86  (1.53)
         39T  2.78 2.44 2.17 1.86 1.63 1.39

Fチェーンリング39T時の3速と52T時の1速が同じギア比になり、フロントW化によりさらに2段が追加されることになる。ちなみに、F52Tのままで7速スプロケに変更した場合の34TよりフロントW化した場合さらに1段が追加されることになる。
つまり、W化により、脚力の劣る場合でも、漕ぎあげる可能性が高くなる。

しかし、妻の一言。「漕いでもスピ-ドが出ない!」
[PR]
by rakustyle | 2005-04-15 20:04 | 自転車 | Comments(0)
<< パンク防止? 05桜満開! >>