1月7日 七草粥 鬼火焚き

b0061863_20203697.jpg朝起きて、「あっ、今日は七草!、七草粥!」と言う人が。そして出てきたのがこれ。
もちろん「セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」などありませんので、冷蔵庫にあったあり合わせの野菜で^^。
「春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。」とあり、まあ野菜が入っていれば・・・。
b0061863_20251230.jpg
b0061863_20252661.jpg
夕刻17:30から町内会主催の「鬼火焚き」が。
今年は辰年。炎が昇竜みたい!。
(「鬼火焚きとは: 主に九州各地で1月に行われる伝統行事です。 孟宗竹や間伐財を利用して櫓を組み上げます。やぐらには、正月の門松やしめ縄なども入れます。 夜になり、やぐらに火をつけると、炎が天高く舞い上がり夜空を焦がします。 このときの「パンパン」という大きな音をたててはじける竹の音が「鬼」を追い払い、無病息災・厄難消除の御利益があるといいます。」)と。

b0061863_20254041.jpg
b0061863_20262614.jpg

b0061863_20264192.jpg
b0061863_20265283.jpg
役員の皆さんによる美味しい豚汁と焼酎で厄がはらえました?!。
子供達は燃えた後の炭で餅を焼いて・・・。

[PR]
by rakustyle | 2012-01-07 20:40 | 住まい | Comments(0)
<< かわなべ牛 ローストビーフ >>