奄美災害のボランティアに

b0061863_22303874.jpg
b0061863_22304843.jpg
先週、奄美大島で未曾有の大雨により、大きな災害が発生しました。
奄美市住用町の県の観測局の雨量は、20日の11時から16時までの時間雨量が93,130,131,75,85,46mmと5時間で560mmと未だかつて経験したことのない豪雨でした。
で、全職場のOB10名で今までの経験を生かし、浸水被害した河川のうち、5河川の河川調査のボランティアに行って来ました。
氾濫箇所、洪水流下を検証し、浸水被害のあった所で浸水深さを確認する作業です。これは氾濫流量を推定するためのデータになり今後の河川改修の資料となります。

行ってみて未曾有の大雨による浸水被害はあり、大きな崖崩れがいくつかみられるものの意外と山肌の崖崩れは少ない、大雨に打たれ強いのかなという感想でした。

b0061863_2232176.jpg
b0061863_22321651.jpg
国道58号龍郷町での崖崩れです。                                奄美市住用支所の前の状況です。
b0061863_22322867.jpg
b0061863_22323989.jpg
NTTの車も。                                      龍郷町のJAの建物裏の崖崩れです。

[PR]
by rakustyle | 2010-10-28 22:42 | ん? | Comments(2)
Commented by maruta at 2010-10-28 23:18 x
お疲れさまです。
私も仕事で奄美(瀬戸内町)にいたので,心配で何か役に立てないかと思っていました。今度は台風が接近してますね。これ以上被害が大きくならないといいですが・・・。
Commented by rakustyle at 2010-10-29 19:33
marutaさん、今晩は。こんな災害が無いようにいろいろ頑張ってきているのですけど自然の力には・・・。
<< 九州新幹線全線開通まであと・・・ iPadに必要な物? >>